スポンサーリンク

【オトチェの森週刊レポート】vol.27≪2021.08.11~08.17環境≫

オトチェの森週刊レポート

おつかれさまです
乳酸です

今週オトチェの森週刊レポートです!

1週間の構成・駒・アイテムのtierを対象者にアンケートを取り図にまとめていきます

アンケート対象者は、きんぴらさん、ランキング上位者、配信者です

アンケートご協力

きんぴら(棋士ID:Y79R3)

hiramasa(棋士ID:Y52AU)

しーゆー(棋士ID:YWKTUC)

アンケートの結果をもとに、きんぴらさんに総評を頂けることになりましたので、より詳しく環境について知ることが出来ます

上級者はもちろんのこと、始めたての方、復帰勢にもおすすめなレポートにできるように制作していけるようがんばります

毎週継続的にだしていくので、ティア表が変わらなければ環境がずっと変わっていないことも分かるので、面白くなりそうです

よかったら先週のレポートもご覧ください

また今週からアプデの周期的に水曜日発行にずらさせていただきます。

きんぴらさんをはじめ、アンケートにご協力頂きました皆様に感謝申し上げます

オトチェの森週刊レポートVol.26
スポンサーリンク

Tier構成編

いまの環境で強い構成を聞いてきました

構成表も載せてあるので、参考にしてみてください

※構成表はあくまで1例なので、これ以外の組み合わせで試合されている時もあります※

アンケート協力者からのコメント

ウィングス9
ハンター連勝から入りやすい構成
どの5G駒がbanされていても狙いやすい構成
パワースパイクが早いのでメカ6構成が完成する前にダメージを与えることができる
幻像によるダメージが大きく試合を早く終わらせることができる
如意棒を作られない限り物理構成に強い
如意棒作られても配置次第で負けない
ディバインやメイジ9に微不利
メイジ9には氷棘の鎧作られない限り配置で勝てる
ドラゴン5に対しては超絶不利
メイジ系相手にはパイソンワンドより耐魔のクロークを作った方が有効
最後までウィングス9で行くのなら氷棘の鎧より酋長の鎧の方が強い
終盤相手に合わせてマリーン4、ディバインなど構成移行できるが構成移行が必要となる前に試合を終わらせるのが理想
R30で氷棘の鎧が作れ周りにシャーマン系の構成がいない場合メイジ9に移行するのもあり

ディバインシャーマン
連敗や利子ポジから入りやすい構成
幻影の女王がいる時に狙うことが多い
水のスピリット等の火力駒の重なりが早い場合は連勝からも入れる
常にプリーストシナジーが出ているのでライフを守りやすい
部屋に合わせてドラゴン5やディバインウォーロックに移行できる
ナイトが多い場合は羊の騎士キャリー、それ以外は水のスピリットキャリーが安定する
メカ6やウィングス9相手に水のスピリットキャリーだと負けにくい
最終的には5G駒の☆2か水のスピリットの☆3を作ると1位を取りやすい
メイジ9に強い

メイジ9
最終的に相手に合わせてウィングス9、グレーシャー6、5Gディバイン、スピリット4ディバイン、ドラゴン5、マリーン4に移行できる
どの5G駒がbanされていても影響が少ない
R30に氷棘の鎧が作れなかった場合ウィングス9に移行するのもあり
シナジーを出すだけで強い
ハンター、ヒューマンメイジ、ディバインメイジから移行しやすい
連敗から入ることも可能
止まらないキャリー駒がいる場合は毒竜、セイレーン、キャノングラニー、セイクリッドランサー等を入れる
メカ6、ウィングス9、ビースト6に強く、シャーマン4、インセクトに弱い

3つの構成に関して①から③の順で記述致します。

①ウイングス9
現環境の中心的存在。
ラウンド0から狙うべき構成。
ハンター連勝から入りやすい点とレジェンド駒 (5G駒) に左右されない点が特長。
敵に如意棒を作られた場合はメイジ9への構成移行も視野に入れる。
グリムタッチが早めに引ければラウンド21以前に移行する立ち回りも強い。
■有利対面:物理構成ほぼ全部
■不利対面:ハンター9,メイジ9,シャーマンメイジ
■完成タイミング:ラウンド21,レベル8
■おすすめアイテム:テレポート短剣,パルスワンド,アイスプレートメイル,パイソンワンド

②ディバインシャーマン
強さは健在。
周りの構成に対応できる柔軟力と明確な苦手構成がない点が特長。
使えるレジェンド(5G駒)が豊富にある為ほぼ毎回狙える。
早い展開の卓では5G駒が引けず苦しむこともある。
■有利対面:物理構成全て(幻影の女王orキャノングラニーor占星術師がいる場合)
■不利対面:物理構成全て(幻影の女王orキャノングラニーor占星術師がいない場合)
■完成タイミング:ラウンド21,レベル9
■おすすめアイテム:テレポート短剣,パルスワンド,アイスプレートメイル,パイソンワンド

③ホーンシャーマンメイジ
亀乗りの長老が早めに引けた場合はこれ。
変身後のシャーマンを最も生かしやすい構成。
5G限定レジェンドに占星術師がいる時に向かう。
シャーマン変身駒が多く、非常に対策し辛い構成。
マナの源が入るため魔力の結晶が少ない場合も狙える。
■有利対面:物理構成全て
■不利対面:ディバインシャーマン,ディバインウォーロック
■完成タイミング:ラウンド21,レベル9
■おすすめアイテム:パルスワンド,パイソンワンド,儀式宝杖

ディバインウォーロック
完成したらほぼ上位が入れる構成で、相手に合わせた駒を使用しやすく1位率が高いのでティア1にしました。
繋ぎでディバインシャーマンもありですが、35rを超えるとシャーマンはあまり必要ないのでうまく移行しちゃいましょう。

ウィングス9
正直嫌いです。
でも強いです。
1位を狙うなら早めに試合決着させないと捲られます。
捲られるの嫌いなので、ウィングス9は嫌いです。

シャーマンメイジ
上手くヒューマンを使えばレベル12も狙えるし、パンダマンの雷影が星2でいると最高にふぁっくじゃんになります。

アンケート結果についてのコメント

vol.26
vol.27

今週もウィングス9とシャーマンを使った構成が人気のようです。 先週と比べてなにか環境の変化はありましたか?

先週よりもウィングス9が増え、ウィングス9に有効な亀乗りの長老を使えるシャーマンメイジの使用者も増えました。

相変わらず物理構成はウィングス9の影響で息をしていないので序盤大連勝をしてアイテムが良い時以外は狙わない方が良いです。

アイテム優先度編

アイテム何をとるか……も環境によって変わってくるので、構成と合わせて質問しました
Tier構成に関係するアイテムも多いですが、何のアイテムをとればよいかが分かります

アンケート協力者からのコメント

テレポート短剣
ウィングス9やディバインに行く際必須
序盤は光羽のアーチャーや水のスピリットに持たせる

パルスワンド
ウィングス9やディバイン、メイジ9に行く際必須
序盤は光羽のアーチャー、ウィンドレンジャー、焔霊法師などスキルの強い駒に持たせる

アイスプレートメール
どの構成でも腐らないアイテム

①テレポート短剣
➁パルスワンド
③アイスプレートメイル


■魔力の結晶や鎧がない場合:パイソンワンド,メイス優先。
魔法系構成やウイングス9が多いので腐りにくい。

パルスワンド
序盤は本当に強いです。
後衛キャラにしっかり乗せて安定したところからスキルを打ちましょう。

テレポート短剣
配置をうまく操れば、どのアイテムよりも早くスキルを打てるのでオススメです。最終のことを考えるとスキル早く打つのは重要です。

アイスプレートメール
硬くなるし、最終の氷棘は絶対作りたいから、上二つ作れないなら作ったほうがいいです。

アンケート結果についてのコメント

vol.26
vol.27

引き続きマナアイテムがとても人気です。

観戦していると、テレポート短剣とパルスワンドを作れる場合でも、まだ合成させないで持たせている場面も度々見かけますが、どのようなときに合成を待った方がよいとかあるのでしょうか?

ウィングス9やディバインの場合はパルスワンドよりテレポート短剣、メイジ9やシャーマンメイジの場合はテレポート短剣よりパルスワンドの方が活躍しやすいので、まだ構成を決めていない場合はアイテムを合成せずに周りの構成や駒の集まり、次に来るアイテムを確認してからどちらのアイテムを作るか決めます。

1-2G駒優先度編

1-2Gの優先度を聞くと何がわかるかというと…

シンプルに序盤なにを買えば良いのかが分かる他、強い人が序盤何のシナジーを出して連勝したいと考えているのかというのが分かるようになります

アンケート協力者からのコメント

アグライア
連敗や利子ポジに行く時にいると便利
R3までに魔力の結晶が来なそうな場合は必ず買おう

光羽のアーチャー
ウィングス9のエース
序盤に卵が来た際は光羽のアーチャーに使っても良いくらい強いウサギ

隻眼のハンター
序盤ハンターの前衛
ケーブ2を出す上でも重要な駒

①隻眼のハンター
➁光羽のアーチャー
③ライフルマン


■連勝を視野に入れる場合:ハンター駒orメカ駒
■連勝ができそうにない場合:アグライア,仙醸の主

仙壌の主
パンダは早ければ早いほど出し得です。
正直今の環境はかなり展開が早いので、なるべくお金を稼ぐ手段を増やした方が良いです。

ヘブンボンバー
序盤のアタッカーとして優秀。メカも最高。

リッパー
まともな前衛が張れるメカはリッパーくらい。

アンケート結果についてのコメント

vol.26
vol.27

1-2ゴールドの優先度は、ハンター、ディバイン、メカニックの駒が多いようですが、序盤の形としては選択肢が広がったということでしょうか?

選択肢は広がってないように感じます。

序盤に大事なことは駒の集まりやアイテムが良いときは連勝を重視し前のめりに立ち回る。

アイテムや駒の集まりが悪い時はライフと利子を重視し不要な駒を買わず中途半端な立ち位置にならないようにすることです。

ハンターやディバインはお金をかけずにある程度の敵を減らす力があるので連勝だけではなく連敗、利子ポジにも有効な形です。
メカニックは勝たなければ意味のないシナジーなので周りと比べて自分が弱い場合は買わない方が良い駒です。

質問:全体通してコメントとかおもしろおかしい立ち回り教えてください!

ランクマにおいて安定して上位を狙うならウィングス9を狙うのが吉

ウィングス9被りが多い場合はメイジ9に行くと上位を狙いやすい

連敗や利子ポジから入る場合はディバインが安定しやすい

パンダは許さない

【連敗ホーンシャーマンメイジ】

現環境は連敗が非常に厳しい環境です。連勝以外の人はライフ温存のため利子ポジで立ち回ることをお勧めします。

しかし,一部の人間は連敗から捲る気持ち良さを味わう為自ら沼に足を突っ込みます。
そんなどうしようもないあなたにお勧めするのが『ホーンシャーマンメイジ』です。

立ち回りの概要:ラウンド17辺りまで連敗を続ける。極力ガチャにはお金を使わず,レベルに振り続ける。ラウンド21にレベル9でがっつり回し一気に完成させる。ここから試合が終わるまでひたすら連勝!優勝!

この立ち回りの強みは2点、弱みは1点あります。
■強み①:21ラウンド9レベルでがっつり回すのでシャーマン駒や亀乗りの長老を重ねやすい。
■強み②:シャーマン駒を掻っ攫うことで他の人のシャーマン構成を相対的に弱くできる。
■弱み:ライフがギリギリまで削られること。途中ほとんどロールせず負け続けることは非常に難易度が高い。

ランクマッチでの乱用は上位率の低下を招きます。あくまで1位を取るための大会向けの立ち回りとなります。

いかがでしょう?
連敗中毒者は是非一度お試し下さい。

みなさん、こんにちは!しーゆーです。

今シーズンはめちゃくちゃ早い試合展開についていけないって方が多いのではないのでしょうか。

この状況を作っているのはウィングス9。
ウィングス9は悪ですよね。

物理(ナイト、ビースト、ウォリアー、ウィングスアサシン)は本当にメイス作らないと話になりません。
正直物理はあまり行きたくない環境です。

マナが落ちなかったらかなり試合がキツくなります。
ただ、意外とシャーマンメイジが多いとナイトがしれっと上位取ったりもする。
今シーズンはそういったところが面白いのではないでしょうか。

みなさんもマナが落ちなかったら、たまには物理構成にいってくださいね。
ウィングス9がいかにヤバいか実感できます。

では、ウィングス9嫌いなしーゆーからでした。

卓には意外とナイトが多かったりすることもありますが、最近はシャーマンメイジが多くなってきました。

hiramasaさんのコメントを参考に構築してみるのも良いかもです。今回は連敗から入るパターンを紹介頂いてますが、シャーマンメイジは連勝や利子ポジなどいろいろなところから向かえる構成です。

ウィングス9も人気がまだ残っていて、ウィングスアサシンとウィングス被りできつそうな状況もよく見る環境です。

今後のアップデートでまた環境が変わりそうなので、楽しみです。

おわりに

週刊レポートにご協力いただきました皆様ありがとうございました!

また来週も発行していきたいと考えておりますので、是非楽しみにお待ちいただければと思います!
なにか意見や考察、疑問はオトチェの森Twitterの週刊レポートツイートを引用の上コメント頂ければと思います!

それではまた来週をお楽しみに!

オトチェの森週刊レポートまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました