スポンサーリンク

【オートチェス:シナジー】ウォリアーシナジーについて

戦略
スポンサーリンク

基本的な情報

ウォリアー(3)

味方ウォリアー全員の物理防御が6上がります。

ウォリアー(6)

味方ウォリアー全員の物理防御が12上がります。

ウォリアー(9)

味方ウォリアー全員の物理防御が+16、物理ダメージまたは魔法ダメージを受ける際に当該駒の物理防御相当の固定ダメージを反射する。

ゲーム内より引用

ウォリアー(6)

最終盤までウォリアー(6)を使用することはないですが、中盤にウォリアー(6)を出して繋ぐ場面はよくあります

ウォリアー(6)はハンター(6)や、羊の騎士が重なっていないナイト等に有利が取れます

どちらも連勝に使われやすい構成なので、中盤にウォリアー(6)を出して連勝ボーナスを奪う立ち回りがおすすめです

物理防御が、2020.12.3のアプデで10→12になった影響でさらに強くなりました

ただ、水ディバには不利なので、連勝を奪うために回しすぎないようにしましょう

ウォリアー(9)

ウォリアー(9)のダメージの反射について

ウォリアー(9)は単純に物理防御が上昇するだけでなく、ダメージの反射をします

相手の駒が標的にした駒の物理防御と同じ数値の固定ダメージを、攻撃した駒に反射ダメージとして与えます

つまりウォリアー(9)で物理防御が16上がっているので、攻撃されるたびに最低16ダメージを反射するということです

鎧等の物理防御の上がるアイテムを持たせると反射ダメージも大きくなります

反射ダメージの具体例

画像ではジャイロコプターが防御力20の剣聖を攻撃しています

相手の駒から攻撃を受けていない状況でダメージを受けているので、この20ダメージはウォリアー(9)による反射ダメージだとわかります

防御力20の剣聖に与えて受けた反射ダメージが20なので、防御力1につき反射ダメージ1という認識で間違いないです

たった20と思うかもしれませんが竜の騎士や霊刃の騎士など、多くの敵にダメージを与える駒は、受ける反射ダメージがとても大きくなります

ちなみにシャドウブレードの唯一パッシブや闇のスピリット等のスキル等は、固定ダメージなので反射ダメージを受けることはありません

最後に

ウォリアー(9)は純粋な殴り合いも強くなる、攻防優れたシナジーだと思います

前環境で弱体化されてもある程度のパワーは残っていましたが、2020.12.3のアップデートでさらに防御力が上がったので、今は相当強いと思います

ウォリアーを集めるだけでできる初心者の方でもやりやすい、敷居の低い構成だと思うのでぜひやってみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました