スポンサーリンク

ランクマッチで8位を取らないための立ち回りについて

戦略

こんにちは 

今回はランクマッチで8位を取らないための動きについて説明したいと思います

主にルーク9から上に上がることができない人に向けて書いていますが、それ以外の方にも役に立てばいいなと思います

スポンサーリンク

ランクマで8位を取ってしまうパターンについて

8位を取るパターンで一番多いのは

  • 早い卓についていけていない時
  • 構成移行が難しい構成で移行が失敗してしまった時

大まかに分けてこの二つになると思います

それぞれ回避するためにはどうすればいいかを説明していきたいと思います

※卓とは、簡単に言うと「試合」のことです

早い卓についていけない場合の対処法

早い卓(試合展開が早い試合)は全体的にお金を入れるタイミングが早い卓のことです

それでもあまりピンとこない方は、早い卓=連勝しているプレイヤーがいて、その連勝を止めようとする人間がいる卓だと思ってください

早い卓の場合、連勝しているプレイヤーは連勝を止められないためにお金を早い段階で使って構成を強化してきます

序盤にお金をつぎ込むので30ラウンド以降の構成のパワーは普通の卓と違って弱めです

それを止めようとする人間も同様にお金を早い段階で使ってきます

このような早い卓の場合、「他の卓ならこれでも勝てた」という経験則で利子を気にするのはよくありません

連敗しているわけでもないのに、20ラウンドで体力が40を切ったりすると大ピンチです

こうならないためにも、早い卓の場合は自分も早めにお金を使って対策をする必要があります

早い卓で最も体力が削られやすいラウンドは11~19ラウンドです

ここでどれだけ体力が削られないかで大体の順位が決まると言っても過言ではありません

このラウンドをいかに乗り切るかが、早い卓で戦う時の最も重要なポイントです

早い卓での立ち回り(11~14ラウンド)

連勝しているプレイヤーの強さにもよりますが、自分の盤面が「レベル6で、全員星1の6ハンターが出ているだけ」の場合でも基本的に安心できません

12-13ラウンドの強化の目安
  • 11ラウンド
    対戦相手が確定するラウンド

    11ラウンドは当たる相手が確定なので、それに合わせて強化するかどうか決めましょう

  • 12ラウンド
    最低ハンターを1枚重ねる

  • 13ラウンド
    2~3枚重なった6ハンターくらいにまでは強くしておく

    13ラウンドで30や40ゴールド保持して利子をとれていたとしても強い形ができていないならば20ゴールドくらいまでは回しておく

連勝を奪いに行く場合や周りの重なりが多すぎる場合は11、12、13ラウンドでのレベル上げも視野に入れておきましょう

ラウンド15で体力70以上は保てるようにしたいです

ハンター駒以外の重なりが良くないがハンターを5枚引いている等の時はハンターの重なりが良くても6ハンターが出るまでけっこう回したりします

ハンター6以外の構成の場合
6ハンター以外の構成の目安
  • ハンター3→前衛の重なり2つ+後衛の重なり1つ+アンデットシナジーかウィングスシナジー
  • ディバイン→レベル6水スピ☆2とディバイン2+テレポート短剣orパルスワンド+何か1つ重なり
  • ビースト→裏切り☆2とビースト4
  • ウォリアー→ウォリアー6と重なり2つ
  • ナイト→4ナイトと2G以上のナイト駒の重なり2つ

6ハンター以外の構成を使っている場合の強化は、上記くらいに考えるといいかなと思います

連勝を止めようとしているなら、これくらいで満足せずにもっとガンガン回していっていいです

それと、あくまで目安なので周りが強すぎる場合はさらに強化する必要があるかもしれません

ただ、14ラウンドではあまりお金は使わないようにしましょう

モブラウンドが挟まるのでお金は16ラウンドに使いたいです

早い卓での立ち回り(16~19ラウンド)

まだ6レベルの場合は16ラウンドで絶対にレベル上げをします

ハンター6をやっていて出す駒があるなら、16~17ラウンドで8レベルにレベル上げをして大丈夫です

最悪残るお金が10ゴールドになったとしても構わないです

20ゴールド残るなら結構レベルを8に上げます

レベルを8に上げずに回して(ショップの更新)もいい構成はこちらです

  • ウィングスハンター
  • ビースト6
  • メイジ9
  • アサシン

このくらいのラウンドになると自分が行きたい構成の形が決まってくると思います

ただ、主要な駒が全然来なかったりお金がなくてどこにも行けないってことがあったりすると思います

そういう時はとりあえずウィングスハンターをしましょう

敗戦処理ウィングスハンター

敗戦処理とは言っていますがあまりにも引きが悪いとかがなければ3位くらいは全然取れます

ウィングスハンターはレベル7でガンガン回してもいい構成なので早い卓で周りが強かったとしても16~20ラウンドで大ダメージを食らうことが少ないです

今まではウォリアー9やインセクト4が強すぎて上位をとれない構成でしたが、この二つの構成の弱体化でだいぶ立ち位置が良くなりました

グリムタッチによるコンボが決まればどの構成にも勝つポテンシャルは秘めていて、十分強い構成だと言えます

下の画像のように上段6体でウィングス6を出して、セイレーンかライフルマンを入れる形が主流です

セイレーンを採用する場合はマリーンを8枠目で出したり、グリムタッチを出したりして強化します

ライフルマン採用の場合は大体グリムタッチを入れます

セイレーンが重なったらライフルマンは売ってしまうことが多いですが、ライフルマンの集まりがよかったら☆3にしても構いません

目指す最終構成はこんな感じです↓

シャーマン(4)で相手のエース駒を変えてしまえば結構勝てます

相手がメイジ系統の場合はシャーマンではなくマリーンをつけるといいでしょう

構成移行が難しい構成で移行が失敗しないようにするには

構成移行が難しい構成はドラゴン5、インセクト4、ディバインメイジ等が挙げられます

特にドラゴン5は9である程度回す必要があるので結構なお金がかかる構成です

しかもウィザード駒、メイジ駒、ドラゴン駒+強力なスキルの5ゴールド駒を拾う必要があります

これを盤面に6ハンターが出ている状態で集めるとなると簡単にパンクします

うまい人は1、2ラウンドで構成移行を完成させたりしますが、自分の移行速度に合わせた構成移行がおすすめです

操作量を減らして構成移行をスムーズにする方法としては

・メイジ系統をするとき重なっているハンターを利用しつつハンター3メイジ3の形にする
・ウィザード使う構成ならウィザードで6ハンを出す
・プリーストで耐えながら形を整える
・モブラウンドや構成移行完了する前のラウンドでアイテムの移し替えをする

といった感じです

とにかく構成の力を損ねないまま盤面の駒を売っていくことを意識して構成移行してください

最後に

今回の記事は中盤にライフを保つことの大切さについて重点的に話しました

相当遅い卓じゃない限りライフを削りながら利子をできるだけ取って、20ラウンド以降に一気に回すという立ち回りはギャンブルです

構成をほぼ決め撃たないといけないラウンドなのでそこで体力が全然なかったら主要駒が重なったとしても構成に必要な細々とした駒を見逃したり引けなかったりすると詰むことがあります

中盤で構成を強化してライフさえ保っていれば、そういった詰むような状況を防ぐことができます

早い卓じゃなくても中盤ライフを保つのはとても大切なので中盤に構成を強化する動きを意識してやってみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました