スポンサーリンク

【オートチェス:構成*立ち回り】メイジ9のススメ

攻略

どうも皆さんこんにちは。

DUOばっかやってる異端児だと思われているであろうkino0551です。

今回は「ソロ」で私がよく使うメイジ9についてご紹介したいと思います。

一応今シーズン18試合中11試合使って、平均1.82位程度と悪くはないスコアです。S7からちょいちょい使ってはいましたが、その頃から衰えはそう感じないなというのが所感です。

メイジというとドラゴンメイジ、ディバインメイジと他にも優秀とされる択がありますが、なぜメイジ9を選ぶのかと言ったことについても触れて行きたいと思います。

スポンサーリンク

メイジ9の特徴

とりあえず最終構成がこちら。

シンプルですね。これ以上は何も望みません。

重なってほしいのはメイジ駒と大樹のみ。あとは壁代わりに重なってると嬉しくなります。

最低レベル7で仕上がり、引かなければいけない4G駒も最悪4枚だけでいいわけです。

他のメイジ構成より完成が早く、必要なお金と4G駒が少ないところがポイントです。

こんなシンプルな奴らの特徴は、なんといってもその超火力です。

そりゃメイジ9シナジーで魔法防御が140%下がるんだからそうでしょ。

ごもっともです。

では具体的な数字を計算してみましょう。

メイジ9のメインアタッカーは亀乗りの長老です。

大抵の場合亀乗りの長老はパルスワンド+αを持っている状況になることは想像できると思いますので、パルスワンドを1本持った状況を想定しましょう。

まず亀乗りの長老星2の性能はこちら。

はい、お強いですね。スキル火力は500です。

ここにパルスワンドのスキル威力+15%が乗ります。

メイジ9では相手の魔法防御が-135%されますので、何もなければそのダメージは2.35倍になります。その数字はなんと1351

この1351という数字がどの程度を指すのかをお伝えしますと、星1セイクリッドランサーのHPが1050(魔法防御:10%→1216ダメージ)、裏切りのデーモンハンター星2のHPが1400(魔法防御:20%→1080ダメージ)、終焉の審判者星2のHPが1900と、ゲームでよく見る(あるいはメイジ構成で相手する時に嫌な)駒のHPのほとんどを吹き飛ばすことができます。

とくにセイクリッドランサーの1050というHPは、10%軽減を受けたとしても1216ダメージを与えられるため、パッシブスキルによって魔法防御を上昇され、手に負えなくなる前に倒すことができます。

これはドラゴンメイジやディバインメイジではできない芸当、つまり差別化できる点と言えますね。

2G星2以下ならこの火力で一撃で消し飛ばすことができますので、ライフを守る保守的な効果も狙えます。

序盤の立ち回り

1~9Rのことです。

驚くほどに書くことがありません。

メイジ9はウィザード4の仕様上、ウォリアー9やナイト、あるいはよく見るビーストのように少しずつパーツを集める構築ではなく、準備ができたタイミングで一気に構成を切り替えるインセクトに近い戦い方をする構築です。

道中でグリムタッチとか亀乗りの長老とか大樹の賢者とかが見えたら拾っておく程度でいいです。

その他は連敗でも利子でも連勝でも、アイテムさえしっかりしていれば問題ありません。

アイテムについて

【欲しいアイテム】
・パルスワンド
・パイソンワンド
・アイスプレートメイル
・氷棘の鎧

パルスワンドとメイジ対面で撃ち負けないためのパイソンワンド。これが必須です。

あとはアイスプレートメイルがあると大樹の賢者が固くなってくれて安心感がすごい他、氷棘の鎧のダメージが魔法ダメージ300と、亀乗りの長老星1と同じ火力ですから、相当なダメージ源となってくれます。

あとは何でも良いです。

えぇ……

中盤の立ち回り

11~20Rのことです。

ここから少しずつ必要な駒を集めていきます。

なんやかんやで21ラウンドにはレベル8で戦いたいので、大きくロールすることはせずに、必要駒がなだれ込んできた結果利子を割ってしまう程度に押さえておくと幸せです。

メイジ9を出せるとしても、大樹の賢者が星3になっているか、亀乗りの長老と焔霊法師が重なっている状況であるかのいずれかでないならば、ラウンド20ではメイジ9を出さないほうが良いと思います。多分負けます。

連勝取れてるときもそれでいいの?

連勝取れるなら連勝取っててください。必要駒は相変わらず拾ってください。

……。

終盤の立ち回り

メイジ9構築の終盤は21Rからです。メイジ9の始まりでもあります。

このラウンドでレベル8にして、最初にも紹介したこれ

を仕上げます。

残りの1枠には雷のスピリットでも焔霊法師でも亀乗りの長老でも5ゴールド駒でも不死の教皇でも、シナジーがでなければ何でも良いので入れましょう。

おすすめは雷のスピリット2枚目です。

パルスワンドとパイソンワンドがもう1セットあったら亀乗りの長老がおすすめです。また、相手にもよりますが、パイソンワンド+テレポート短剣の亀乗りの長老を追加することも強力です。

また、直近のアップデートにて追加されたキャノングラニーは物理ダメージを単体に与え、攻撃速度を低下させるという、まさにメイジ9のワントップ構築を倒しにくいという弱点を補う事のできる駒でもあります。

構成に合わせてのメタ

幸い、使う駒自体はディバインメイジと大差ありませんので、ディバインメイジをやっているときと同じようにすればいいと思います。

たしかcushionさんが、ディバインメイジの記事を書いていたと思いますのでそちらを参考にしてください。

cushionさんのディバインメイジの記事はこちら
スマホ版オートチェス ディヴァイン4 メイジ6|cushion|note
はじめまして。cushionです。 今回の記事ではシーズン7の穴場構成であるディヴァインメイジについてざっくり解説していきます。 ディヴァインメイジって? メイジ6で魔法耐性をガッツリ下げてディヴァイン4で強いスキルを回していく構成です。 一見ドラゴン5やディヴァイン水スピの方が強そう、と思われがち...

さいごに

メイジ9は構成に必要なハードルが低く、相手の駒を殲滅する能力が高いため、「パルスあるけどドラナイこない……」とか、「ディバインメイジだけどメイジ6まで辿り着けそうにない……」とか、様々なタイミングから見ることができるわけです。

メイジ系列にありがちな「パイソンあるやつに勝てないじゃん」は、パイソン1本程度を相手とした場合は数の暴力でなんとかできてしまったりします。

1位こそ狙いづらい構築ですが、安定感をお求めの皆様は一度やってみてはいかがでしょうか。

kinoさんについては

コメント

  1. […] 【オートチェス:構成*立ち回り】メイジ9のススメオートチェスの立ち回… […]

タイトルとURLをコピーしました