スポンサーリンク

【オートチェス:攻略*構成】連敗から入るグレナイのやり方!

攻略

こんにちはあしょうです。

今回は自分が得意な連敗グレーシャーナイト(これ以降はグレナイと略称) について書いてみました!

運も絡んで来ますが回すタイミングを覚えれば上位に入りやすい構成です。

連敗ナイトに行くきっかけ

①3Rでパルスワンドが作れない

②6ラウンドまでにハンター3が出ない

③呪われたマスクorシャドーブレードが作れる

スポンサーリンク

アイテム優先度

アイテムの優先度

①呪われた吸血マスク

②シャドウブレード

③必殺の剣

④パイソンワンドorメイス

⑤サンダーハンマー(10Rのモブラウンド戦で負けそうな時に作る)

連敗ナイトは特にアイテムが重要と考えてますナイトはどれだけアイテムで火力を出せるか、そしてアベンジを連敗から育てられるかによって勝敗は大きく変わっていきます

①②③は10rまでにはどれか一つは必ず作れる様にしましょう

やはりナイト行く上では必須アイテムですね。

このアイテムを作れるだけで火力、そして序盤のbot戦にも勝ちやすくなります!

近距離エース駒にはどの構成にも使うアイテムです。

このアイテムは作るメリットは大樹の賢者を突破する力があると言うことです。

大樹は硬い上に回復する、ナイトには天敵と言えます。

アベンジナイトの反撃スキルと相性がとても良いです。

このアイテムはどの試合でも必須と言えるアイテムです。

ナイトの耐久性+攻撃アイテム優先のためディヴァイン構成が2人以上いる場合作りましょう。

①②が作れた上でパイソンワンドを見るのが理想です。

このアイテムは①②が作れてウィングスがいた時に作る意識をしましょう。

苦手構成

ビースト

連敗から入るためビーストに20点など喰らった時には絶望します。

Lv9にした時は裏切りのデーモンハンターか禁忌のデーモンハンターを入れてデーモンシナジーを消しましょう。

②ディヴァインウォーロック

不死の教皇のスキルで大樹の賢者が全く倒せず相手の氷河の呪術医のスタンで誰一人倒せず大ダメージとかありえます。

テレポート短剣など作って後ろから倒すのが有効です。

ウィングス

この構成はナイトが一番苦手と言ってもいい構成だと思います。

最近はウィングスアサシン、ウィングス9が強いのでナイトじゃ全く歯が立たないです。

メイス作って痛い目見せるのが一番です。

深海の歩行者や致命の暗殺者にキャノングラニーのスキルが当たるように配置しましょう。

4〜9Rの立ち回り

上のきっかけ通り連勝は厳しいです。

そのため6〜9Rで他にナイト構成を見ている人がいなかったら決め打ち気味にとってもいいと思ってます。

※場に出すのはアグライアと仙釀の主だけにします

序盤は隻眼のハンターや前衛としてアンブラを出す人が多いです。

そのため、ダメージを減らそうとして他の駒を出すのはあまりオススメはできません。

煉獄の騎士が重なるか2パンダになった時は出してもいいかもしれません!

※特に霊刃の騎士は相手全体にダメージを与えてしまうため、トークンが増える可能性が高いです。

でも勝たないように調整するのも中々大変な為、慣れない方はやめましょう。

ダメージを減らす考えじゃなく、ダメージを増やさない考えが大切です

10R入るまでに HPを60以上お金は最低40Gが理想です

利子と駒について

煉獄の騎士 霊刃の騎士 羊の騎士 この3体は利子を損してでも取ります

霜の騎士は4〜9Rは損してでも重なりを目指す。

もし羊の騎士と不死騎士が両方10R以内に引けた場合不死騎士は利子で売っても大丈夫です。

パンダも利子が取れる時には売りましょう。

「羊の騎士>不死騎士」という優先度です。

10Rの配置について

重要なのが

ナイトシナジー4

②羊の騎士or不死騎士を引いている

③アイテム 呪われた吸血のマスクもしくはシャドウブレードを持たせる

①②が出来ない場合30Gまで回します。それでも無理な場合はサンダーハンマーを作ります

サンダーハンマーについて

正直オススメはしないです。

サンダーハンマーが作れて木の棒が一本余ってる時は妥協はせずbot戦で作っていいが無い場合はLv6にして単体で強い駒を入れましょう。

配置について

赤色がbot 黄色が駒の当たり方に線を引いてます。                

羊or不死騎士は耐久が高く親玉を攻撃を受ける盾になります。

そして煉獄の騎士は親玉を削る矛です。

この配置は親玉倒せるためとてもオススメです。

呪われた吸血のマスクは霊刃の騎士 シャドウブレードは煉獄騎士に持たせます

11〜14Rの立ち回り

11〜からは50GをキープしLv6回しをしていきます。

なぜ先にLvを上げないかと言うと10Rのボット戦で回しているため、ナイト駒の取りが少し遅れる。

その影響で15Rのbot戦に負ける可能性があるからです。

これがLv6の時の確率です。

2Gの駒は序盤から取っているため間違いなく☆2になります。

3Gの駒は重ねるよりまず一体引きましょう。

理想はナイト6が出る時に2Gの駒が重なる事です。この形ができたらLv7にして回していきましょう。

※このラウンドもプリースト駒を出しポーションなどで耐えます

理由としてはアベンジナイト(アベンジと略称)残り☆3にするのが遅れるため。

連敗で入っているためHPが少ないです。

そのためアベンジが☆3を優先にするためこのラウンドでも連敗でボーナスで稼ぎ続けます。

もし50Gキープしてて一位に勝てる重なり場合は、盤面に出し一攫千金を狙っていきます

15Rの配置について

アイテムは煉獄の騎士(これ以降は煉獄と略称) 霊刃騎士(これも霊刃と略称) の重なった方に持たせましょう。

アベンジがこの位置だと中ボスを横殴りできるので生き残る確率が上がります!

※たまーに不規則な動きをするので注意

15R入る前に連敗が途切れたら

そしたらもう負け続けるだけ損になるのでお金を入れて勝ちに行きます。

※ここでの動きは2パターンあります

① 13RでLv6にしてアベンジが重なるまで回します

② もしくは煉獄+霜の騎士以外のナイト駒が重なるまで回します。

次のラウンドLv7にして呪術医を入れます。

16〜19Rの立ち回り

16〜からは回しに行きます。

3Gのナイト駒を2体重なるまで回しましょう。

理想はこんな感じです。

またお金を貯めて50Gキープでレベル8を目指します。

オールインはせず最低30Gは残す

16〜24Rはナイトが強い時間です。

ハンターなどで連勝してる人には正面に配置します。

最初のナイトシールドは確定なので対角と正面では勝敗が大きく分かれます

21〜24Rの立ち回り

ここからはLv8にして50キープしつつアベンジ☆3を狙いに行きます。

このラウンドから霊刃と竜の騎士を入れ替えます。

ヒューマン3がつくので経験値の書が貰えるのが強みです。

Lv 11に行く余裕はないためLv9にするために使います。

16〜19でなぜ変えないかと言うと連勝してる所に負ける可能性があるからです。

ハンターとかに後衛に霊刃は刺さるのでまだこのラウンドでは強いです。

なのでこのラウンドで入れ替えます。

後からになるけど16〜からのロールで霊刃が1の状態で竜騎士が引けたらそのまま入れ替えです

※マナは全て不死の教皇

卵はアベンジに使います。連勝が途切れそうな時は教皇に卵を使っても大丈夫です。

この時の理想は手持ちにアベンジが2枚です。

アベンジが他の人に取られてる時は煉獄3を目指します。もちろんアベンジも

アベンジを☆3にするタイミング

基本的に26.27.28ラウンドのどこかでアベンジ☆3が作るのがベストです。

負け戦から連勝にはある程度お金はたんまりあります。

☆3まで残り4枚なら50キープして回す。

3枚なら30Gまで

2枚ならオールイン

って感じでやって行きます。

卓の速さ、連敗から入ってるのでHPとの相談になりますが30を切るまでは焦らず回しましょう。

切ったらオールインぐらいの気持ちで回しましょう。

Lv9で入れる駒は…

5Gの駒を入れます。ビーストがいるなら裏切りのデーモンハンターか禁忌のデーモンハンターを出しデーモンシナジーを消しにいきましょう。

上位アイテム優先度

①チャージマスク

②龍火の大砲

③怒りの斧

④竜爪の杖or如意棒

攻撃の速さ=火力と思ってます。特にコメントなし!

アイテム優先度はシャドウブレードなのに竜火の大砲が優先なのかと言うと、21〜30Rにかけて大樹の賢者は基本☆3になってます。

まず並のアイテムじゃ抜けない。有利な対面のはずが大樹が倒せないだけで15点とか普通に入ります。

アベンジの反撃から出るクリティカルは想像以上。

序盤はシャドウブレード。後半は龍火の大砲。

強いけど上の二つに比べたら優先度は落ちます。ぶっちゃけシャドウブレードで足ります。

※ウィングスが多かったら如意棒にしましょう

④はアイテム優先度から確認して

あったら良いなー安心するなーぐらいで見ましょう。

最終形について

グレナイの最終型は3つあると考えてます。

アンデ4は今回紹介しないです。ウォロ型の方が強いと思っているため。

相手に有利なシナジーを使い分けましょう。

ウォロ4型

≪対策できる構成≫

インセクト

ウォリ

ビースト

アンデ

ウィングス

ナイト

ゲブグレ

ゴブリン

アサシン

ダメージを受けてもアベンジの攻撃でほぼ全回復します。

そのため相手が物理対面だと殴り勝ち相手のエース駒にグラニーを合わせて有利に戦えると思います。

マリーン型

≪対策できる構成≫

ドラ5

やはりこのぐらいやらないとナイトシールドだけでは守り切れないです。

耐えちゃえばそのまま一体づつアベンジが倒してくれます。

霜の騎士は相手の神使いのコピー先にしましょう。

終焉の審判者+5G採用型

≪対策できる構成≫

ディヴァイン

終焉がいい仕事をします。亀乗りの長老や大樹の賢者のスキルを封印できるので楽に勝てます。

終焉の審判者☆1でスキルを撃たない場合にはウォロ4型で戦いましょう。

テレポート短剣などあったら裏から潰せるのでアベンジか竜の騎士に待たせてあげましょう。

最後に

見てくれてありがとうございました。

初めての記事で慣れない部分がありますが少しでも参考にしてもらえたらと思います!

ナイト愛だけは誰にでも負けないです!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました